全部借金のせいだ。って債務整理の費用

全部借金のせいだ。って債務整理の費用

借金をした理由はとっても簡単だ。とにかく博打にはまり、しかも夜遊びをしてしまったから。給料に見合わない生活をしなければ一瞬で借金を作ることになる。

 

 

 

借金は作ることはとても簡単だが、返していくのが難しい。金融会社はお金でお金を生みだす。信用力があれば多額の金額を借りることも可能になるが、その分返済を考えれば気が遠くなる。
すべてが計画通りに返済を完了するとは限らないからだ。

 

 

子供の頃からずっと重いアトピー性皮膚炎でステロイドを20年使用していましたが、
ほぼ20年前にステロイド離脱をしたことです。

 

 

借金生活の始まり。

 

 

借金を整理するなら間違いなく自己破産を選ぶ人が多いと個人的には思っている。

 

 

自己破産の費用についてはこちら↓

 

 

どうしても自己破産費用を知るならおすすめ!

 

極めつけは債務整理と照らし合わせてね。

 

 

 

借金をするなら有る意味大手へ!

 

 

憧れの生活を夢見て東京へ!そこは何もない自分を受け入れるのはすんなりしてくれるが、継続的に見守ってくれる訳ではなかった。東京で生きていくためには自分で生きていく為の力を養わなければいけなかった。それもそのはずだ。
田舎暮らしは周りの人がどんどんサポートをしてくれるし、自分だけの存在価値を見出してくれる。けど都会ではそんなにうまくいくことはない。

 

 

 

価値があるなら自分の手で掴み取るしかないのだ。行動を起こすということ。私はまず片っ端から就職活動を行った。そこで興味を持ったのが不動産会社だった。なぜなら給料が良いから。でも入ってみるとかなりのブラック企業だとわかった。

 

 

 

でもあえてここで続けることにしたのだ。本当ならすぐにやめていたであろう待遇だった。求人雑誌に載っている情報なんてあれから信用をする事は一切なくなったけどね(笑)

 

 

そんなこんなで時間が流れる。果てしない労働環境の中でまるで時間が永遠とループをしているかのような錯覚に見舞われてしまった。

 

 

 

一時間の中でどれだけの営業成績を残すかだけをシンプルに考える。途中でわからない事があっても聞くことすらできないのだ。

 

 

 

そこから私は精神的な病気になってしまう。当然お金を失い、明日食べるものもないぐらいの極貧生活をすることになった。はっきり言って地獄でしかない。

 

 

 

そうだ。私は都会には向いていなかったのだ。時間的に冷静になる余裕はなかった。そこで行動を取ったのがキャッシングだ。つまりカードローンでお金を借り続けた。もう自分にいくらの会社がどれだけの費用を貸してくれたのかすらわからない。最初のきっかけは電気代とか生活費の一部。もうすぐ働くようになってから返せばいいかなと甘い考えだった。

 

 

ほどなくして自分がやってしまったおかしい状況を理解するようになった。

 

きっかけは、百貨店に販売員として勤務していた時に、経験者である一人のお客様から

 

 

離脱アドバイスのお声をかけてもらったことでした。

 

 

私は普通に勤務していましたが、そのお客様から「こんなこと言ったらどうかと思われるけど

 

あなたアトピーでステロイド使ってるでしょ?」から会話は始まりました。

 

 

 

 

勤務中にも関わらず、その時にステロイドの恐ろしさを身にしみる思いで知らされ、その数か月後に
休職願い届けを出し、自宅+病院療養ということで離脱スタートです。
とたんにリバウンド症状が現れそれはそれは醜い大変な状況の人生でした。

 

 

 

これは体験した人にしかわかりません。波は、じょじょに落ち着きますがそういう波が
10年我慢しました。1年以上は、毎日微熱がある状態です。
あれから一切ステロイドは使用していませんが、薬なしの生活がこんなに素晴らしいこととは
20年前では想像もつきません。

 

 

 

 

若かった当時は、もう一生つらい皮膚病で終わるのかも・・・という思いでしたが

 

 

 

 

今現在は本当に楽しい日々、健康な日々を送っています。あの時、百貨店で
声をかけてくださった同じステロイド離脱経験者の方に感謝しております。

 

 

 

運動会のリレーで転んだ時は、とても辛かったです。
それは小学校6年生の時の運動会でした。リレーに出る選手は、クラスで足の速い男女それぞれ上位4名が選抜されます。クラスの中で2番目に足が速かった私も選ばれました。リレーに出られることは、ある意味ちょっと鼻が高い部分もありました。リレーは、運動会のラストを飾る花形競技だったため、全員が一番盛り上がるイベントだったのです。そんなリレーの選手になることは、クラスで一目置かれる感じがありました。

 

 

そして、当日、私の頭の中では、自分がとても活躍するイメージが湧いていました。走る前はドキドキしていたものの、ワクワクする興奮の気持ちもありました。第三走者としてバトンを受け、とにかく速く走ることだけを考えて足を動かしていました。しかし、前を走る別のチームになかなか追いつくことができません。このままでは勝てないと思ってもっと速くといった気持ちになりました。

 

 

 

そんな時、カーブで足がすべり転んでしまいました。この瞬間、後ろにいた後続のチームの次々に抜かれ、一気に最下位になってしまいました。そのまま私達のチーム最下位で終わりました。私が転んだせいで、2位から最下位になってしまったのです。クラスやチームの仲間達は、仕方ないと言って励ましてくれましたが、私はずっと涙が止まりませんでした。
あの時の悔しさ、情けなさは今でも忘れません。"